FC2ブログ
そろそろ笑ってみようか。Should I smile soon
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
振り回される・・・・。
2007-01-05-Fri  CATEGORY: 未分類
父が兼ねてより気にしていた、同級生のお見舞いに行くと夕べ言い出した。

それなら、お店が開いた頃、何かをかってくるよと話し、カステラとかで良いかな~と思ってた。
父は「果物でも買ってくるのか?」と聞くので地元のスーパーじゃお見舞いに持っていけるような果物は売ってないので、お菓子にしたらどうかと話したら

「病人が食べられるものがいい!ミカンだ!」


蜜柑~~~~~??? いまどき、お見舞いに蜜柑は無いんじゃないの?せめてイチゴだよね。

そこは世間知らずの父、イチゴにしたらどうかと言う私に

「こんな寒いのにイチゴが売ってるのか」と来たもんだ・・・・・・食べてるじゃんかよ(-_-;)

と、まぁ、なんだかんだと蜜柑とイチゴを持って同級生宅に行きました。

父が出かけてる間に叔母が新年の挨拶に顔を出して少しお茶飲み話。
叔母は甥っこ二人にお年玉まで持ってきてくれた。持ってきた理由は解っている、姉が叔母宅にお年賀を送ったりしたんだろう。
いつも私が世話になってるから有難うございます、という気持ちで送ってるんだけど、結局、相手にお金を使わせることになってします。
そして、受け取るのは私。父にいうと、まったく余計なことをしてとか何とか叔母の事を悪くいうから堪らない。

もう止めろって言ってるのに、姉ちゃんも解らないんだよねぇ。だって、私、姉ちゃんの親じゃないんだよ。
叔母はお昼前に帰って、私は母の病院に出かけるべく支度をしている所に父が帰宅。

叔母が来たことを告げると「頼んであった市会議員候補者の後援会申し込みに名前を書いてもらったか?」等と言う、もちろん、今、初めて口にしたことであり私は頼まれていない。
ここで言った言わないが始まるとウルサイので、叔母宅に名前を書いてもらいに行った。
このお陰で私は化粧もしないで、母の病院に出かける時間になった。

病院に着いて、父との暮らしの不満を聞いてもらいたくてしょうがない私に母は連れない。
病人に慰めてもらいたいと思うのが、そもそも間違ってるのかもしれないけどしょうがない。聞いてもらいたいんだもん。
でも、周りの職員さんの動きや言葉が気になる母は上の空、つい、口調もきつくなってしまう。

何で私の話を聞いてくれないのよー!お母さんの夫のことなのにぃ(私の親だけど)

聞いてるよ~。。。と言ったか言わないうちに傍を通った職員さんに満面の笑みで話しかける母。

トホホホホホホ・・・(T_T)/ マジで泣きそうっす。これが最高にキツイ。
そして、帰りには「気をつけて帰ってね、体には気をつけて」などと言う。他の患者家族からは良いですねぇ・・・と言われるけど、うーん、そう言われると私は泣き言が言えませーん。
暗い気持ちで・・・でも、来週のお誕生会に母が着るセーターのことを考えながら病院を跡にする。
スーパーの鏡に映った私はどうしょうもなく、しがないオバさんに見えた。

アパートに戻ると、またもや父が風呂の給湯を間違えていた。お湯をだしながら、ふろ自動も押している。。。
穴までお湯が来てないうちは空焚き状態、空焚きは5分続くと安全装置が働いて止まる。
既に私が知ってるだけでも3回目だ。

ドキドキしながら「お父さん、ここ(ふろ自動)が赤くなってるとエラーだから、今度、こうゆう風になったら、ここを押してね」と言った。
今回の父の反応は、「自動で教えてくれるように、自動を押してからお湯をだすんじゃねぇのか?それなら、そうと最初っから教えてくれねぇとダメじゃんか」・・・みたいな事。

もう、何度もいってるんだけどねぇ。

めんどくさいので
「あ、ごめんごめん、そうだ、今日は柚子を入れようかな~」と話題を変えて、その場を収めた。

ふ~~~~。

とにかく、こんな毎日です。
めさめさ疲れます。
スポンサーサイト
コメント0
<< 2007/01 >>
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。