そろそろ笑ってみようか。Should I smile soon
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
申し立てる。
2010-02-16-Tue  CATEGORY: 母のイロイロ
親も入院して10年目になると病院の事については結構詳しくなったと思っていたけど
まだまだ知らないことは沢山あるみたい。

母は精神科に入院していて医療保護入院、これは本人の意思で入院する任意入院とは違う。
入院する際に保護者とか保証人とか色々書類を書いたりするけど
父が亡くなったことで、この保証人って欄に名前を書くのに色々手続きが必要だって事を今月はじめに知った。(病院内の連絡ミスで医療相談室の人が父が亡くなったことを知らなかったそうだ)

精神科に入院する際の保護者、これは精神保健福祉法によって
患者さんにキチンとした治療を受けてもらう、受けさせることを目的とした保護者。
保護者の資格も順位があって、後見人・配偶者・患者が未成年の場合の親とかならすんなり決まるんだけど、

どれでも無い子供の場合、扶養義務者に当たるんだそうだ。
一人っ子のように扶養義務者が一人なら、ほかに保護者の該当者はいない。
でも我が家は3人キョウダイのうち誰かを決めなければならないので、家庭裁判所に保護者選任申し立てをしなけれなばならないんだそうだ(今、申し立てをしているところ)。

長男である弟になってもらうことにした。
患者本人と保護者候補者の住民票と戸籍謄本、病院の診断書。 保護者候補者が破産宣告を受けていない証明書(そんなのがあるんだねぇ)。
法務局に書類を提出して出してもらった患者本人と保護者本人が成年後見人制度についての手続きをしていない証明書(成年後見人の手続きをしていたら後見人が保護者となるので)
これらを揃えて最寄の家庭裁判所に提出 = 保護者選任申し立て 。

弟も有休を使い果たしてるので役所に取りに行く書類なんかは私が取りに行って、
初めて買った登記印紙は売ってる郵便局と売ってない郵便局があるなんてことも知った。

問題なく手続きは終わると思うけど、
まだまだ知らないことは沢山あるんだろうな。

スポンサーサイト
コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
<< 2017/08 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。