そろそろ笑ってみようか。Should I smile soon
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
これいじょうを望むのは贅沢なのかな?でも。
2005-07-27-Wed  CATEGORY: 未分類
歌つながりで、もう一つ。。。

私の母、介護療養型医療施設に居ます。いわゆる、療養型の病院に入院中。

内科と精神科があって、私の母は精神科。
主な入院患者は、認知症を患ってる方々。
私の母も認知症と同じ症状が2年くらいあったんだけど、奇跡的に復活。

病院では、色んな症状の方もいらっしゃるけど、
色んな作業療法が組み込まれて、なんだかんだと暇にしないで過ごしている様子。

「昨日はオペラを聴いて、今日の午前中はバッハを聞いたわ」
なんて、カラオケ教室で藤あや子を習っていた母の口から、こんな台詞が出るんです。


お、おかーさん、そんなハイソな暮らしに付いて行けてるんですかぁ・・・?

手芸・俳句・ピアノにヴァイオリンのコンサート・メイクレッスンに書道
週に2回の学習教室(今、流行のね)

私が病院に行くのは、そういう時間が空いてるとき、たまには一緒に参加。
茶道のときは、一緒に頂いちゃったりするのだ(^^;

でもねー、たまには、暇になる。 そんなときに見たりする光景。。
仕方ないと思ってるんだけど。。。。。看護婦さんと皆で童謡をうたっている。

童謡が認知症の患者さんに良いことは広く知られてる。子供の頃にみんなが歌った、優しいメロディー。
そして、今も歌いやすい易しいメロディー。

だけど、昔の人は、もっと違う歌も歌ってなかったのかなって思う。
春なら「咲いた咲いた」じゃなくて、「おぼろ月夜」
夏なら「海」じゃなくて、「夏の思い出」 秋なら「旅愁」
冬なら「雪やこんこん」じゃなくて「冬の夜」

おそらく、高齢の方のほうが良くご存知なんだと思う、日本の素晴らしい歌。
若い看護師さんが、知らないからって思うのは私だけなんだろうか?
スポンサーサイト
コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
<< 2017/10 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。