そろそろ笑ってみようか。Should I smile soon
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
男の子・女の子
2006-09-06-Wed  CATEGORY: 未分類
秋篠宮紀子さまが男児をご出産、このニュース1色の日だった。

朝のワイドショーに出てた出演者が言った。
「私も長いこと、皇室を見ていてこんなに嬉しい事はありませんでした。心からおめでとうございます」

やっぱり、男児誕生ってのは凄いんだろうな。。。でも、この出演者の言葉は凄く嫌いです。

私は次女で、私が産まれてくる前、周囲は男の子を厚く希望していたそうです。

弟が産まれた時、3人目はやっと男の子だったけれど2人目が男の子だったら良かったのにと茶化す意味で「また、男だったよ」と祖母が父に言ったそうです。

小さいころから、その言葉を刷り込まれてきた私。
大人は何気なくいうけれど、子供ながらに自分の存在を否定されていたような気がしてなりませんでした。

そんな私が家に残って、両親に寄り添っている。
いい年して恥ずかしいけど、子供のころを思い出すと複雑です。

名もない家のしょうもない逸話と歴史ある天皇家と比べるのはおかしいけど、
男の子が産まれたって女の子が産まれたって、人ひとりこの世に誕生したってことじゃん。

その事だけが喜ばしいじゃ駄目なのかなぁ。

ま、私みたい大人になってからもウジウジいってるようなのも駄目なのかもね。
スポンサーサイト
コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
<< 2017/10 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。