そろそろ笑ってみようか。Should I smile soon
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
私は、まだそっちの人じゃないから解らないなぁ。
2006-09-28-Thu  CATEGORY: 未分類
昨日、いつものように東急ストアで買い物していたら、以前、母が入院していた病院でご一緒だった患者さんのご家族(お嫁さん)に会った。

その患者さんは残念ながら、今年の5月にお亡くなりになったことを聞きました。
昔の人にしては体が大きくて声も大きくて、暴力的なところがあって在宅介護の時は大変だったことを聞いていた。

でも、母が病院を替わってからは、その方の身体能力も随分と衰えて寝たきりになってしまったらしい。

「家で看ているときも腹が立ったし、入院しているときも職員さんに『すいません、すいません』って謝りどおしだったけど
寝たきりで頷くことしか出来ない義父を見てると、職員さんに謝ってる時の方が良かったわ。暴力的で何を言ってるんだか判らなくても、そこには生きようとしている義父がいたもの。大変だっけど、今、思えばその時が花だったなぁ」

そんなような事をいっていた。

先月、お花のお教室で一緒の先輩のお父様も亡くなられた。どちらかというと、お父様っ子だった、その方はさぞかし落胆されているかと思い、私は何と声を掛けようか迷っていた。

でも、彼女は笑顔だった。
お父様が入院する前は毎日ご実家に、入院してからは体力的にお見舞いに行けないお母様がいる実家とお父様の入院先に毎日電車で通って、みるからに大変だったのに。(しかし、生け花の作品はサスガなのです)

なんでだろ、精一杯やったし、後悔してないっていうか・・・。
割と冷静に受け入れられちゃうんですよねぇ。 

そんな事をおっしゃる。

そうなのかな、期間とか病気とか関係なく思うものなのかな?

先輩の話を先生や親を見送った方々は頷いていた、それぞれの経験を言いながら結局は同じ事を言っていた。
私だけ意味も分からずに何だか泣きべそをかきそうだった。

私のお母さんが死んじゃったら? 精一杯やってるかもしれないけど、後悔してない自分になんてなりたくないなぁ。






お父さんのは考えない事にしておくわ・・・・。
スポンサーサイト
コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
<< 2017/08 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。