そろそろ笑ってみようか。Should I smile soon
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
下り電車に乗って。。
2008-04-07-Mon  CATEGORY: 未分類
多摩森林科学園の存在を知ったのは母が同エリアの病院に入院していたころだった。
高尾の駅に降りたのは5年ぶり。

行くまでの電車の中から見える風景も当たり前だけど変わっていた。

前日、母の病院の帰りにどうしょうもなく悲しかった自分。
何を忘れた訳でも無い、何が出来ない訳でも無い、いつも焦って落ち着きが無い母だけど。
質問してもマトモな答えも返ってくる。

ただ病院にいる時の母が私に関心が無いだけ。私を見ようとしないだけ。会話になるのは全体の時間の中のほんの5分に満たない程度。 

年月が経って父も判断能力が衰えて、日々のやる気だけが衰えて。。増えるのはアルコールと私が手を止める時間。
今日こそは昨日と違う日かもしれない、でも、やっぱり変わらないんだって思ったら悲しかった。
何かがあってショックなのでは無く、何もなくてショックなだけ。

昨日、待ち合わせの時間に向かう電車の外を眺めて思った。
毎日のようにこの電車に乗っていた頃は、外泊することなんて考えられなかったじゃん。
毎日のように病院に行ってたって、母に拒絶されるだけの日々だって長く続いたじゃん。
険しい顔で帰れっ!って怒鳴られてばっかりだったじゃん。(病気がさせることです、年の為)

前日の私を嗜めるように慰めるように以前のことを思った。
下り電車に乗って思い出すことは、予め決まっていたかのような時間だった。
スポンサーサイト
コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
<< 2017/08 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。