そろそろ笑ってみようか。Should I smile soon
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
緊張と食事、
2008-11-26-Wed  CATEGORY: 未分類
母の外泊、

いつもなら病院に戻る日は朝から様子はイマイチなのに今回は違った。
朝食後暫くしたら、いつものようにクイックルで床掃除をしてもらってからは
ソファーに座って柚子を磨いてもらった。

病院へのお土産にしたい って母の意向で始まったけど結局はダンボール1杯の柚子を母一人に拭いてもらった。
簡単なことなら出きるから、なるべくやらせたほうが良いよ。なんてことは大概の人が思うけど、簡単なことだって難しいことだって飽きたら駄目。

その時の運 みたいなものなんだよね。

この日の午前中、落ち着いてたのは
父が外で継続して残りを柚子を採っていたからかもしれないし、
前の晩に寝言がヒドイ為に、11頃に柚子酒を飲ませたのが(薬が深く効いて)良かったのか・・・・いつも頻回になるトイレもそんなではなかった。

やっぱり、問題は食事だなぁ。
自分だって父と同じテーブルに座って食事を摂るなんて、真っ平御免なのに
母の病気に大きく影響してる父と同じテーブルに母を座らせるのは問題なんだよね。

ちなみに母が入院してるとき、私が父と2人でテーブルを囲んだのは6回だ。 母が外泊できなかったお正月が2回、その3が日。子供の時だって、何が嫌かって父がいる食卓ほど嫌なものは無かった。

朝食はパンやヨーグルトだし、母も朝のうちは私も安心してられる状態なので一緒のテーブルでも平気。
伯母たちが遊びに来た日曜日の昼食は、みんなで話しながら私が手助けしなくても
ゆっくりと楽しそうに食べられる。

前回の外泊からは、私が横についておかずを一口ずつご飯の上に乗せてから母に食べてもらうようにしている。
場所もテーブルではなくて、ソファーに座って父の姿が見えないような形にするのが基本的なスタイルとすれば上手くいく。
日曜日の夜はうどんを食べた、年末の外泊時の年越し蕎麦を予行演習のつもり・・・食べにくいかと思ったら小分けにして食べて成功。

で、病院に戻る日の昼食。 柚子を磨き終わったことで少し落ち着きもなくなってきた母。
母自身の中では、まだ食事はテーブルで摂る事になってるので、どうしてもテーブルに座りたがる
ソファーとテーブルの間で迷う言葉を口にしてソワソワする母の所に運悪く父がやってきた。

さっさと椅子に座ってろ! サッキカラソファーニスワッテテッテイッテルノニ~。

しょうがないのでテーブルで昼食。サバの煮付け、カボチャの煮物などのメニュー。
夕べまで上手く行ってるから、今回は失敗はないかなーと思う私も甘かった。となりに座って介助してたのに、母だって少しずつ食べてたのに。

食べてる途中で食事が逆流して、結局、洗面所へ・・・。

まったく、お母さんのお陰で食事がまずくなった! とは父の弁。 普通は心配するところだよ。

やっぱり、父と一緒に食事は無理だと判明。
せっかく落ち着いてられる家で食べたものが戻ってきちゃうんじゃ、カロリー摂れないじゃん。

あ~、お雑煮どうしようかな。
お餅は食べちゃ駄目って病院で言われたってことにしよう!
スポンサーサイト
コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
<< 2017/08 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。